Beokinawa Beokinawa
scroll
新しいおもてなしの沖縄へ
~これからも笑顔でお迎えするために~

「沖縄へ行きたいけど、感染が心配」、
「沖縄へ行っても歓迎されるのか不安」。

沖縄への旅を願いながらも、そんな気持ちで戸惑っている方へ。

玉城デニー沖縄県知事と、厚生労働省のパンデミック医療体制の構築などにも携わってきた

沖縄県立中部病院感染症内科の高山義浩医師に、

沖縄への旅を安心して楽しむための沖縄県の取り組みについて、お話しいただきました。

title
旅行者専用相談センター沖縄
(TACO)

玉城デニー沖縄県知事(以下、玉城):沖縄県では、旅行者に少しでも安全・安心に旅を楽しんでもらえるよう、昨年6月から旅行者の安全・安心アクションプラン『沖縄Tour Style Withコロナ』をスタートしました。旅前・沖縄到着・旅中・沖縄出発・旅後の行程ごとに感染予防・拡大防止対策がありますが、まずはTACOからご紹介しましょう。TACOとは那覇空港などに設置された『旅行者専用相談センター沖縄(Traveler's Access Center Okinawa)』のことです。到着時にサーモグラフィーや非接触型体温計による検温で発熱が確認された方は、TACOで看護師が健康状態を確認し、迅速にPCR検査や医療機関へつなぎます。

高山義浩医師(以下、高山):国内線の中でも沖縄へのフライトは、長時間になるためご高齢の方では体調を崩されることもあます。到着時はもちろん、滞在中も、発熱などの体調不良があれば、我慢しないで、TACOへご相談ください。また、せっかくの沖縄旅行、つい予定を詰め込んでしまいがちです。しかし、疲れているときは、無理をせずにホテルでゆっくりと休んでください。心配なときは、ぜひTACOへお電話いただければと思います。

title
那覇空港PCR検査プロジェクト
(NAPP)

玉城:沖縄県では、来県される方に対して、出発地での事前PCR検査をお願いしています。しかしながら、事前にPCR検査を受けられずに渡航される方に対して、那覇空港でPCR検査が受けられる体制を整備しました。この『那覇空港PCR検査プロジェクト(NAPP)』は、希望者のみの事前予約制で、唾液検体によるPCR検査を実施し、午前中に検査した分は当日中に、午後に検査した分には翌日に、検査結果を通知します。万が一、陽性だった場合には、直接ご本人に連絡します。そして、医療機関、保健所等が連携して、旅行者をしっかりサポートいたします。

高山:全国各地から沖縄へ里帰りされる際だけでなく、沖縄本島から離島へ行く際にも、ぜひNAPPをお勧めします。

title
RICCAとシーサーステッカー

玉城:沖縄滞在中には、ぜひ公式LINEアカウント『RICCA(リッカ)新型コロナ対策パーソナルサポート』をご活用いただければと思います。

高山:LINEメッセージで毎日、どこよりも早く新規感染者数等の最新情報が届くので、私たち医療関係者も登録していますよ。個人情報を登録しなくても利用可能で、気軽に使えるのがいいですね。

玉城:また、『シーサーステッカー』は、消毒液の設置、換気、三密回避などの感染防止対策に取り組む施設や店舗、イベントの目印になります。事前に専用QRコードを読み取っておくと、陽性者が発生した際、感染拡大の恐れがあれば、RICCAで接触の可能性を知らせてくれます。登録施設は現在約7千4百件(3月現在)あり、RICCAでお得なクーポンも発行されていますので、ぜひご活用ください。

高山:特にご高齢の方が、レストランを利用される際には、シーサーステッカーのあるお店を選んでくださいね。事前に電話することで、他の席から離れたテーブルや個室を予約するのがお勧めです。

玉城:RICCA、シーサーステッカーとともに、新型コロナウイルス接触確認アプリ『COCOA』を活用すれば、より安心ですね。

title
旅行前から安全対策の徹底を

玉城:旅の2週間前から感染対策を徹底して体調管理を心がけてください。旅行中もマスク、手洗い、換気、3密の回避など「新しい旅のエチケット」による感染対策をお忘れなく。

高山:人の少ないビーチ、密集しない屋外でのゴルフやマリンスポーツ、オープンエアのレストランなど、沖縄には感染リスクの少ない楽しみ方がたくさんあります。同居家族だけで過ごす旅行なら、知事の言われる感染対策に注意していれば、さほど心配はありません。友人同士での旅行の場合にも、できるだけ同行者だけで過ごしてください。出発の3日前までにPCR検査を受けておけば、リスクを減らすことができます。ただし、少しでも体調不良を感じたら、旅行を延期してくださいね。

玉城:沖縄では海開きを皮切りに、全国に先駆けて夏を迎えようとしており、季節の花々も皆様をお待ちしています。今後も状況次第では、来県自粛をお願いすることもあるかもしれません。そのときは、安全で安心な観光地・沖縄を守るために、どうかご協力をよろしくお願いいたします。できるだけ早く感染を落ち着かせ、家族や友人同士の旅行や修学旅行、リゾートウエディング等、様々な機会に、安心・安全にとっておきの沖縄の旅を楽しんでいただける日が来ますように!